給湯器の水漏れは自分で交換や修理ができる?

給湯器が水漏れを起こした時、給湯器の修理や交換が必要になります。給湯器からの水漏れは機能自体に問題が起きるので使うことができません。
もし使えたとしても、室内設置型であれば一酸化炭素中毒の危険があり、屋外設置型であれば火事や一酸化炭素による周辺への被害などが考えられるため、使うべきではありません。
給湯器からの水漏れは、必ず給湯器 交換か修理をしないと重大な結果を招く恐れがあります。修理には専門技術と部品が必要ですが、給湯器を取り替えること自体はそこまで難しくはありません。しかし、自力で行うには電気工事士免許が必要なので、素人は絶対にしてはいけない行為です。

■給湯器の水漏れは自力での修理交換はできない

給湯器が水漏れをする場合、内部の水を通す部分が破損しています。通常、この部分が破損した場合は、場所にもよりますが漏れた水によって火かつかなくなります。この場合、ガス給湯器だとガス漏れの危険があり、着火に電気が使われるので引火して爆発する危険もあります。灯油や重油を使うタイプや電気温水器の場合も同じで、感電や爆発、炎上の危険性は否定できません。安全に使うためには、専門業者に依頼する必要があります。
少々自身があるからといって自分で行うと、家族や周りを巻き込んだ大惨事を引き起こす可能性が十分にあるので注意しましょう。業者に任せると、工事費用として1万円から2万円程度の費用が必要ですが、安全を買っていると思えばそう高いものではありません。給湯器の水漏れを含め、修理や交換が必要なときは、専門の業者に依頼してください。

■自分で交換するなら電気工事士免許が必須

給湯器は水漏れの場合、手がつけられないことが多いので、業者に依頼して取り替えてもらうことになります。取り替える場合は、電気工事士免許を持っていて取り付け方法を知っていれば、自力でも可能です。水回り関係の仕事をしている人で電気工事士免許を持っている人であれば、特に難しいことではありません。
しかし、プロパンガスを使用する地域では、業者に中古品の在庫があれば無料で交換してくれることがあります。すべての業者が対応しれくれるわけではありませんが、中古の給湯器を無料で設置してくれる業者はわりと多いので、相談してみるのも1つの方法です。新品を購入する場合は契約業者から購入すると、多くの場合で無償で工事をしてくれます。やり方次第で苦労も費用も少なくすることは可能です。

■まとめ
自力での給湯器修理や交換は難しいケースがほとんどです。もし免許や知識のない者が行うと、法に触れるだけではなく事故の危険性があるので、高いリスクを背負う可能性があります。水漏れの場合は、中古や新品に取り替えたほう方が費用が安くなる場合もあります。
電気工事士免許と設置、交換方法を知っていて経験がある技術者であれば、自力でも工事は可能ですが、プロパンガスを使う地域であれば契約している業者に一度相談してみることをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ