水漏れの修理にかかる工事費用

水まわりのトラブルは、意外とよく発生します。生活をする上で水はかならず使う事になるため、それだけトラブルの発生確率も多くなることが理由ですが、住宅自体の問題や人為的な問題など、その原因はさまざまです。
水のトラブルが起きて自力で解決できないとき、家が持ち家である場合は自費で専門業者に修理を依頼することになります。専門業者に修理工事を依頼した場合、その原因によって工事に必要な費用も変わります。場合によっては高額な費用が必要なケースもあるため、水のトラブルが起きたときの負担は高めに予想しておくと安心です。

水のトラブルの修理費用は意外と高い

水のトラブルで多いのは詰まりと水漏れです。特に水漏れは住宅内で起きてしまうと、居住空間が水浸しになるほか、床や壁などに水によるダメージを与えてしまう事があります。水漏れの原因は詰まり、配管の破損が主な原因ですが、配管が室内と屋外に渡って通っている場合は工事不良によって、雨水が配管を伝って流れてくることもあります。
また、水漏れは水を使わない電化製品でも発生します。エアコンのような除湿機能を持つものは、本体から水漏れを起こす事があり、早急に修理をしないと重大な事故につながることもあります。水回りの修理にかかる費用は、工事の手間と部品代によって左右されます。

■工事が複雑になれば水漏れ修理は高額になる

水漏れトラブルが起きた場合、費用面でも生活面でも問題になるのが、配管が建物の見えない部分に通されていることです。これは住宅では普通のことで、配管は壁の中や床下、天井裏などを通して見えない様になっているのですが、住宅の構造によっては配管を交換するために壁や床、天井を壊す必要があります。
そのため、大規模な工事になりやすく、その分費用もかかってしまいます。また、配管の修理をした後は壊した部分をもとに戻すことが必要なので、さらに費用が必要になるでしょう。相場は建物の構造や資材費用などにもよりますが、原因や工事の規模によっては高額になることもあります。

■まとめ
水漏れの修理にかかる費用は、原因によっては修理に必要な工事が大規模になり、それにともなって高額になります。かんたんな詰まりなどであれば自力での解決もできなくはありませんが、状況が悪い場合は業者を頼るほうが安全です。必要な費用はケースによって異なりますが、数万円から数十万円必要になる可能性もあります。
借家やマンションの場合は管理組合や大家との話し合いが必要になる場合もありますが、水回りのトラブルが手に負えないときはまず業者を呼ぶことを優先しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ